やや大きめで食べ応えがある「日本一のからあげ」

やや大きめで食べ応えがある「日本一のからあげ」

 店内のボードに堂々と書かれた「日本一のからあげ」。熱々を頬張れば、パリパリでジューシー。奇をてらわないしょうゆ味が、味わい深く、もう一個、もう一個と食べたくなる。

 実は、唐揚げ専門店発祥の地とされる大分県宇佐市の唐揚げ。日本唐揚げ協会主催の「からあげグランプリ」で金賞を受賞した同市内の店から仕入れ、二荒マルシェで揚げている。価格は600円。

 「全国各地からおいしいものを取り寄せて店内で調理して提供しています」と渡辺克尚(わたなべかつひさ)代表(35)。店名を「マルシェ」とした理由でもある。メニューにも「雲仙ハムカツ」や「伊東漁港の磯キムチ」など興味をそそる文字が並ぶ。

 そしてお薦めなのが、オリジナルの「二荒ハイボール」。シェリー樽(たる)で5年間貯蔵した麦焼酎を使う。さっぱりとして揚げ物にぴったり。やはり渡辺代表が交渉して仕入れている。県内で飲めるのはここだけという。

 6月、大通り沿いにオープンした店は白を基調にした今っぽい内装で、カウンターがメイン。女性一人でも気軽に立ち寄れそうだ。

◆メモ 宇都宮市大通り1の2の14▽定休日  日、月曜▽営業時間 午後5時~11時▽(問)028・612・7840