自殺防止で街頭活動 栃木

 【栃木】3月の自殺対策強化月間に合わせ、県保健衛生課と市健康増進課の職員12人は5日、ヨークベニマル祝町店で自殺防止キャンペーン活動を実施した。 毎年9月と3月に栃木駅や市内の大型食品スーパーなどで実施。自殺と関係が深いうつ病などについて市民に正しい知識と相談機関の周知を図るのが狙い。

 配布されたのは、質問に答えて自分のストレス度がチェックできる項目や相談機関の一覧が載っているチラシとポケットティッシュなど。