宇都宮駅の観光案内所が「お引越し」 在来線の改札脇に

 4月へ向け、少しずつ各所で取り組みが始まりつつある大型観光企画「ディスティネーションキャンペーン(DC)」。「栃木の玄関口」ともいえるJR宇都宮駅では、2階の市観光案内所が“お引っ越し”。新たにお目見えした案内所、もうご覧になりましたか?

 これまで、同駅の観光案内所は正面入り口側、新幹線の改札口を出て左手にあった。しかし、DCを前により多くの乗降客に分かるようにと、在来線改札口脇へ移転を決定。1カ月ほど前から少しずつ引っ越し作業を進め、2月15日から業務がスタートした。

 DC直前らしく、「本物の出会い栃木」ののぼりやポスターを掲出。明るく大きな窓口では、昼夜6人のスタッフが交代で対応しているという。

 「『分かりやすくなった』と言われることもありますね」と川崎真由美(かわさきまゆみ)さん(61)。もてなしの気持ちを表現した鮮やかな黄色い法被をまとい、丁寧に応対を続けている。おっと、外国人が来ても流ちょうに英語で対応…さすがだ!