佐野短大学長と市長が市の魅力語る 「佐野学」が開講、4日まで 

 【佐野】市生涯楽習フォーラム「佐野学」(市など主催)が3日、浅沼町の市文化会館などで始まり、佐野日大短大の佐藤三武朗(さとうさぶろう)学長と岡部正英(おかべまさひで)市長が、佐野の魅力について対談した。4日まで。

 同フォーラムは「佐野から発信! 学び・生きがい・まちづくり」がテーマで、生涯学習の情報交換や交流が目的。基調講演のほか、地域活動や教育、国際交流など6分科会に分かれ、実践例発表や各種問題の提言などが行われた。

 開会の式典に続いて、佐藤学長が「佐野を学ぶ・楽しむ」と題して基調講演。「私は静岡県出身ですが、佐野には伝統があり、自然が素晴らしい。日本の古き良き文化がここにある」と佐野の良さを訴えた。