掛け声かけて、火の対処教える 矢板市消防団、保育所で初の試み

 【矢板】市消防団は23日、泉の泉保育所で幼児向けの防火啓発活動を初めて行った。

 女性団員の発案を機に、市が同保育所に呼び掛けて実施。女性団員3人が講師を務めた。

 同保育所の2歳以上の園児約30人が参加。火災発生時に煙を避けて避難する訓練や、着衣に火が付いた際の対処法「ストップ、ドロップ&ロール!」を体験した。

 園児らは「ストップ、ドロップ、ロール」の掛け声に合わせ、体を床に横たえたり、両手で顔を覆って左右に転がったりして、火を消す練習をしていた。