強い日差しの下で黄金色に実った稲穂を次々と刈り取る大型コンバイン=22日午前9時50分、大田原市滝岡

強い日差しの下で黄金色に実った稲穂を次々と刈り取る大型コンバイン=22日午前9時50分、大田原市滝岡

強い日差しの下で黄金色に実った稲穂を次々と刈り取る大型コンバイン=22日午前9時50分、大田原市滝岡 強い日差しの下で黄金色に実った稲穂を次々と刈り取る大型コンバイン=22日午前9時50分、大田原市滝岡

 県内の穀倉地帯である県北の大田原市で22日、早くも稲刈りが始まった。早い梅雨明けと晴天が続いたことで生育が良く、例年より約1週間早く、県内JAで最多のコメの販売額を誇るJAなすの管内で最も早い。