ホッケー男子で31年ぶりに優勝を飾った今市=岐阜県各務原市の川崎重工ホッケースタジアム

 三重県を中心に岐阜、静岡、愛知、和歌山の東海5県で開催された全国高校総体(インターハイ)は20日、延べ25日間にわたる熱戦に幕を閉じた。県勢は団体(学校対抗含む)と個人の4競技5種目で日本一に輝くなど、優勝がゼロだった前回から大きく飛躍し、計26種目で8位以内に入賞した。平成最後の夏に躍動した県勢の戦いぶりを振り返る。

 県勢に一つ目の金星をもたらしたのがホッケー男子の今市だ。昨夏、昨冬の全国選抜と続いた準優勝から脱し、実に31年ぶり5度目の頂点に輝いた。初戦の2回戦で全国選抜王者の石動(富山)に4-0と圧勝。勢いづいたチームは全4試合で先制してゲームを優位に進め、悲願を達成した。

       【東海インターハイの県勢成績】
順位  競技     種  目       団体・選手
1位 ホッケー    男子          今   市
   ボクシング  ライトフライ級      堀川  龍(作 新)
    ”       学校対抗          作   新
   剣 道    男子個人         大平 翔士(佐野日大)
   競 泳    男子1500メートル自由形 遠藤  光(作 新)
2位 陸 上    男子1500メートル    樋口 翔太(佐野日大)
   自転車    男子スプリント      川上 隆義(作 新)
   ボクシング  バンタム級        根本 元太( ” )
    ”      ライトウエルター級     森本  浩( ” )
   バドミントン 女子シングルス      佐川 智香( ” )
   競 泳    女子100メートル平泳ぎ   高橋 奈々(宇中女)
    ”      女子200メートル平泳ぎ  高橋 奈々( ” )
3位 レスリング  男子80キロ級       市川アンディ(足大付)
   柔 道    男子団体         白鴎足利
   競 泳    女子100メートル自由形    笹原世玲菜(真 女)
5位 ホッケー   女子            今   市
   テニス    男子ダブルス        青木・手塚(文星付)
   バドミントン 女子ダブルス        海老原・佐川(作 新)
    ”      女子シングルス        輿石江里香(  ”  )
   柔 道    男子個人81キロ級     国武  陸(国学栃木)
    ”     女子個人57キロ級        石嶋 青空( ” )
   レスリング  男子55キロ級        鴇田 昇大(足大付)
   ボクシング  フライ級             平塚駿之介(作 新)
6位 自転車    男子チームスプリント       作新(川上・田崎・中村)
7位 陸 上    女子400メートル        大島 愛梨(宇中女)
    ”     女子七種競技              梶木菜々香(国学栃木)
※順位決定戦のない競技は4強が3位、8強が5位扱い