学生の起業提案コンテスト、最優秀賞・小泉さん(宇大3年)に100万円

 【宇都宮】県内の高校生や大学生が起業のアイデアを提案する「第5回とちぎアントレプレナー・コンテスト」(同実行委員会主催)の表彰式が24日、下野新聞社で行われた。

 最優秀賞には宇都宮大農学部3年小泉泰英(こいずみやすひで)さん(21)の「株式会社だいちの輪」が選ばれ、青木圭太(あおきけいた)実行委員長から新会社開業資金100万円の目録ボードが贈られた。

 小泉さんは、自然栽培のコメで作られたこうじを妊婦向けの「ママ糀(こうじ)」として付加価値を高めて販路開拓し、妊婦と農家の懸け橋となる事業を提案。「賞をいただいたことでより覚悟が決まり、やっていこうという気持ちになった」と喜んだ。