水面を漂うように咲いているナガレコウホネの花

 【佐野】船津川町の菊沢川下流で、県版のレッドデータブックで絶滅危惧?類に指定されている植物「ナガレコウホネ」の花が見頃を迎え、黄色いかれんな姿が川面に揺れている。

 群生地は、国道50号、田島高架橋南の県道佐野行田線の東側。天神橋を中心に約1キロにわたって、ワカメのような葉が清流の中を流れ、水面から直径約5センチの花が顔を出している。