いちごのアフォガート(右)と和梨のホットコンポート

 【真岡】管内の有力産品をアピールし地域活性化に役立てようと、JAはが野はイチゴとナシを使ったスイーツ2種を新開発、31日まで上大田和の井頭フレッシュ直売所で提供し、「スイーツ決戦」の投票を受け付けている。ソースや素材を温かく仕上げ、アイスクリームと組み合わせて「アツくてクールな戦い」と銘打ちイベントを盛り上げている。

 管内はイチゴの生産量日本一であるほか、ナシも県内有数の産地。同JAによると、JAとしてこうした産品を使ったスイーツがなかったことから、那須町のホテルエピナール那須の菅井慎三(すがいしんぞう)総料理長の監修を受け開発した。

 スイーツは、完熟イチゴの温かいソースをアイスに掛けた「いちごのアフォガート」と、温かくナシにアイスをのせた「和梨のホットコンポート」。アフォガートは熱くて酸味のあるソースとアイスが調和し、ホットコンポートは煮たナシの食感が楽しめるという。