ムスリム旅行者が佐野視察 らーめん、イチゴなど堪能

 【佐野】マレーシアとインドネシアの旅行会社、メディア、ブロガーの計6人が、旅行をしながら現地の魅力を評価・発信するファムトリップ(視察旅行)として21日、市内を訪れた。

 関東運輸局や千葉市などが主催する「ムスリム旅行者受入実証事業」で、旅行者は4泊5日で東京都台東区や、千葉、佐野、日光の各市を回る。写真や動画などで旅行の様子を発信しつつ、訪問した各所に対してアンケートに答え、評価を行う。

 3日目のこの日、旅行者らは市に到着。佐野プレミアムアウトレットでショッピング、若松町の「日光軒」で佐野らーめんとギョーザを楽しんだ後、堀米町のモスク「佐野マスジド」で礼拝し、観光農園アグリタウンでのイチゴ狩りを体験した。