栃木GB選手が学童チームを指導 佐野

 【佐野】野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)の選手らが18日、天明小で学童野球チームの天明クラブと吾妻クラブの子どもたち計35人にプレーを指導した。

 この日、GBからは飯原誉士(いいはらやすし)選手兼コーチ、八木健史(やぎたけし)選手兼コーチ、金無英(キムムヨン)ピッチングコーチの3人が訪問。走塁やバッティング、ポジション別の練習を指導したほか、両クラブ監督・コーチ陣には指導法も説明した。

 子どもたちは元気に練習をこなし、プロ選手との交流も楽しんだ。最後に飯原選手は「野球は1人ではできない。感謝してプレーしてください」と呼び掛けた。