災害時に医療救護、栃木市と薬剤師会が協定

 【栃木】市と、市、壬生町の薬剤師約140人で組織する栃木地域薬剤師会は15日、市役所で災害時の医療救護に関する協定を締結した。

 協定文書には、大規模災害発生時に、同会が避難場所に薬剤師を派遣することを明記。避難者への調剤や服薬指導のほか、避難者と医師とをつないだり、支援物資の仕分けを行うなどの救護活動に取り組む。