庭先に春 セツブンソウ咲き競う 鹿沼

 【鹿沼】早春の花、セツブンソウが板荷、理容業木口幸子(きぐちさちこ)さん(72)の自宅兼店舗北側敷地で咲き競っている。

 落ち葉の中に1、2センチほどのかれんな白い花が顔をのぞかせている。市北西部の木口さん方では、これまで2月下旬~3月上旬に咲き始めていたが、ここ数年は早くなっており、今年は今月1日に咲いているのを確認した。

 約35年前に市内の河原で咲いているのを見つけ、3本持ち帰って庭に植えたところ現在は100株以上に増えた。木口さんは「寒い中、しっかり花を咲かせたくましい。パワーをもらっている」と話す。