情報技術者試験で2年連続20人超合格 宇都宮商高

 【宇都宮】宇都宮商業高情報処理科3年生20人がこのほど、高校生には難関とされる国家試験「基本情報技術者試験」に合格した。2年連続で1学年の累計合格者が20人を超えた。

 同試験は年2回。情報技術の原理や基礎となる知識や技能について、総合的に評価する。合格者に占める商業系高校生の割合は1・2%だった。

 同校は課外授業のほかに、専門学校が行う試験対策講座の受講制度を創設するなどして生徒たちを支援した。講座の受講料は同校の同窓会が負担。学校と同窓会の手厚い支援が実を結んだ。