ニコニコ本陣で「こどものど自慢」 16組が28日本選へ 日光

 【日光】18歳以下の歌声のチャンピオンを決めるカラオケイベント「第2回ニコニコこどものど自慢」が27日、今市の道の駅「日光街道ニコニコ本陣」で始まった。28日まで。

 予選が行われたこの日は、市内を中心に茨城県や埼玉県からも出場者が集まり、27組32人が登場。次々とステージに上がり、最近のヒット曲や昭和の歌謡曲、演歌などを歌い、自慢ののどを披露した。華やかな衣装を身に着けたり、振りを付けたりする子どもも。

 大室小3年成田安那(なりたあんな)さん(9)は「お母さんとよく歌っている曲を歌った。ステージで歌うのは楽しかった」と笑顔を見せていた。

 歌唱力やパフォーマンスなどを総合的に審査した結果、16組が28日の本選への出場を決めた。