手作りの服など300点販売  足利の専門学校生の限定ショップ、28日まで

 【足利】足利デザイン・ビューティ専門学校ファッションデザイン科の学生が製作した衣類やアクセサリーを販売する期間限定ショップが26日、群馬県太田市石原町のイオンモール太田で始まった。28日まで。

 ファッション業界の仕事を実践的に学ぶため、2年生の授業の一環として5年前に始まった。学生はオリジナルのブランドを立ち上げ、商品企画や製作、販売を手掛ける。

 本年度は初めて1年生も参加し、韓国の女の子をイメージした「SOUN(ソユン)」、シンプルなデザインの「テサグリ。」、ピンク色を基調にした「Juicy gang」の3ブランドを展開。ワンピースやバッグなど500円~5千円の商品約300点を作った。