消防団のPR動画制作 勧誘へユーチューブなどで公開 鹿沼

 【鹿沼】「あなたの仕事の他に もうひとつ誇れる仕事を−」と呼び掛ける市消防団のPR動画が完成した。将来の団員不足などを考慮し、多くの人に入団してもらうため活動内容を紹介、団員や市民の声を数多く収録している。市消防本部によると、消防団の本格的なPR動画は県内で初めて。動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開しているほか、市内の各施設が大型テレビなどを用い「パブリックビューイング」として順次公開している。

 PR動画は消防庁の「女性や若者をはじめとした消防団加入促進支援事業」での委託事業。制作は市消防団と市消防本部地域消防課、撮影は鹿沼ケーブルテレビが担当した。団員募集はこれまで広報かぬま、ポスター、チラシなどで行ってきたが、インターネットも視野に入れ今回の動画制作となった。

 30秒のダイジェスト版のほか、第1~10分団までの鹿沼地区編、第11~14分団までの粟野地区編、さらに「さつき隊」を中心とした女性部編があり、それぞれ約5分。訓練の様子や広報啓発活動など地域の防災リーダーとしての内容を収録している。

 同課は「団員、地域、子どもの声、笑顔を多く取り入れた。改めて消防団の存在を考える機会にもしたかった」としている。いずれの動画も、団員が入団した経緯や入団後の感想をインタビュー。若い団員は「地域のつながり」「絆」を強調して答えている。消防団の協力事業所、サポート店の考えや家族の応援コメントもあり、最後に「地域を守る 笑顔を守る 未来を守る−」とまとめている。