壬生に初の観光イチゴ園 プレオープンに園児招待

 【壬生】町内初のイチゴの観光農園「みぶストロベリーファーム」(山川真一(やまかわしんいち)農場長)は15日、プレオープンを迎え、国谷の同園で開園式を開いた。小菅一弥(こすげかずや)町長や町内施設関係者、国谷幼稚園園児ら約100人が出席し、摘みたてのとちおとめを味わった。

 壬生丁の農地所有適格法人「サンケイ」(小林信作(こばやししんさく)社長)が運営。みぶハイウェーパーク(道の駅みぶ)西側にある全6棟のビニールハウスで時間制のイチゴ狩りが楽しめる。

 20日にグランドオープンする。