元グラドル、地域おこし語る 20日に宇大で講演

 【宇都宮】松竹芸能所属の元グラビアアイドルで、高級魚カンパチの養殖が盛んな鹿児島県鹿屋(かのや)市の地域おこし協力隊員として活躍する半田(はんだ)あかりさん(33)の講演会「松竹女芸人が市役所で働いてみたら~1次産業を生かした鹿屋の楽しい地域おこしの取り組み~」が20日午後3時から、峰町の宇都宮大農学部1号館1E11教室で開かれる。

 半田さんをスカウトした同市の前副市長で、現在は農林水産省食品流通課商品取引室長の福井逸人(ふくいはやと)さん(44)と軽妙なトークを繰り広げる。入場無料。

 同省の福井さんは本県農政部経済流通課長を務めたこともあり、親交が続く県庁OBらのグループ「1次産業を生かしたとちぎの楽しい地域おこし研究会」が主催する。

 講演会終了後の懇親会で、半田さんがカンパチ解体ショーを披露予定。3千円。要予約。