鬼怒楯岩大つり橋右岸の広場から打ち上げられた花火

 【日光】鬼怒川温泉街恒例の「夏の花火」(鬼怒川温泉夏まつり実行委員会主催)が11日、鬼怒川温泉大原の鬼怒楯岩大つり橋右岸の広場から打ち上げられた。鬼怒川温泉街に集まった旅行客ら約5千人が500発の花火を楽しんだ。

 これまでは藤原の竹の沢発電所から打ち上げていたが、鬼怒川下流のホテルなどから「見づらい」などの指摘があり、試験的に打ち上げ場所を変更した。