本県のパラリンピック出場選手らが出席して開かれたシンポジウム=19日午前、宇都宮市若草1丁目

 県障害者スポーツ協会の設立30周年を記念したイベント「わかくさサミット」が19日、宇都宮市若草1丁目の障害者スポーツセンター(わかくさアリーナ)で開かれた。2022年に本県で開催される「第22回全国障害者スポーツ大会(いちご一会とちぎ大会)」を見据え、障害者スポーツのさらなる発展を図るのが狙いで、競技関係者ら約110人が詰め掛けた。

 シンポジウムには、車いすバスケットボールで12年ロンドン・パラリンピックの舞台に立った増渕倫巳(ますぶちともみ)さん(41)と、ボートで16年リオデジャネイロ・パラリンピックに出場した駒崎茂(こまざきしげる)さん(55)らが登場した。