市長「変化実感の一年に」 矢板で賀詞交歓会

 【矢板】市と市商工会は5日、末広町の矢板イースタンホテルで新春賀詞交歓会を開き、市内各界の代表者ら約170人が新春を祝った。

 簗和生(やなかずお)衆院議員や守田浩樹(もりたひろき)県議、学校法人矢板中央高の中村京子(なかむらきょうこ)理事長のほか、市議や市内の事業者らが参加した。

 斎藤淳一郎(さいとうじゅんいちろう)市長は、新年度に取り組む予定の施策を紹介した上で「大きく変わる市を実感してもらえる一年にしたい。本年は市制60周年で還暦に当たる。決意新たに市の発展に全力を尽くす」とあいさつ。