バスボム作りを体験する子どもたち

 【足利】商店街の店主やスタッフが講師となり、さまざまな体験講座を開く「あしかがまちゼミフェスティバル」が18日、通3丁目の足利商工会議所友愛会館で開かれた。

 子どもたちに夏休みの宿題や自由研究のヒントになる体験をしてもらおうと足利商工会議所が主催。市内の8店舗が同じ会場でまちゼミ講座を開くのは初めてだという。

 子どもたちは店主らの指導を受けながら、ネイリスト体験や竹鉄砲作りなどに夢中になって取り組んでいた。