スイムを終えバイクのスタート地点に向かう選手たち

 【那須塩原】トライアスロン競技の普及を目的とした「第1回市キッズトライアスロン大会」(市教委主催)が19日、にしなすの運動公園で開かれ、市内をはじめ県内の小学生96人が、熱戦を繰り広げた。

 本県で2022年に開かれる国民体育大会で、市はトライアスロン会場の予定地となっている。市教委は3年前から、市内の小学生を対象にトライアスロンの各種目のトレーニングを行う講習会を年1回実施してきた。

 今回は実際の競技に慣れ親しんでもらおうと、大会を企画。競技は低学年がスイム25メートル、バイク1500メートル、ラン500メートル、高学年はスイム50メートル、バイク2500メートル、ラン1千メートルでタイムを競った。