えとの戌自作しよう 手芸キット、高齢者に好評 大田原

 【大田原】中央2丁目の手芸材料店「くろさき」を経営する黒崎正光(くろさきまさみつ)さん(82)は、来年のえと戌(いぬ)の手芸キットを製作した。

 楽しみながらボケ予防ができればと、黒崎さんは10年以上前から、お年寄りでも簡単に作れるえとの手芸キットを手作りしている。

 主に木目込みの手法を応用し、カラフルなちりめんを発泡スチロール製のボディーに「目打ち」などの道具を使って貼り合わせる。

 今年は手乗りサイズの人形や手まりなど、個性豊かな戌のキットが店頭に並んでいる。南金丸の通所介護施設「元気アップサロン よつば」では、楽しみながらリハビリができると好評だという。