GBの選手から捕球の姿勢を学ぶ子どもたち

GB選手から捕球の姿勢を学ぶ子どもたち

始球式で見事な投球を披露した矢板南ファイターズの岡崎君

スタンドを埋め尽くす観客

スタンドを埋める観客

GBの選手から捕球の姿勢を学ぶ子どもたち GB選手から捕球の姿勢を学ぶ子どもたち 始球式で見事な投球を披露した矢板南ファイターズの岡崎君 スタンドを埋め尽くす観客
スタンドを埋める観客

 【矢板】野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)の県北地域初の公式戦が18日、矢板運動公園野球場で開かれた。市は市制施行60周年を記念した市民デーと銘打ち、希望する市民を無料で招待。市民約450人がスタンドから選手に声援を送ったほか、始球式は市内の小学生が務めた。試合後にはGBが野球教室を開き、子どもたちに技術を伝授した。

 この日は、2029人(GB発表)の観客のうち約450人が矢板市民。矢板小6年の和智有里子(わちゆりこ)さん(12)は祖父功(いさお)さん(75)と初の野球観戦。「ルールが分からないけどおじいちゃんが横で教えてくれた。みんなで盛り上がる感じが楽しかった」と目を輝かせていた。