聖徳太子神社で冬至祭 栃木

 【栃木】柏倉町の聖徳太子神社で17日、冬至祭が行われ、多くの参拝者でにぎわった。

 同神社は鎌倉時代に建立されたと伝えられ、建築の神とされる聖徳太子を祭る。同祭は冬至に合わせ行われる伝統行事で、近年は第3日曜に実施。例年関東一円の講から約300人が訪れる。

 この日は小学生のみこによる舞の後、関係者が山の中腹にある拝殿に上り神事を実施。八木節演奏やよさこいが披露されたほか、氏子の女性による手作りの赤飯や煮物などが振る舞われた。