スタジオの完成イメージ図

 【下野】市は整備を進めていたコミュニティーFMを2019年12月に開局するとこのほど発表した。17年度から本格的に準備を進めており、スタジオは人通りの多さなどからJR自治医大駅東口から徒歩約3分の公園「すみれ広場」(祇園1丁目)に建築する予定。広瀬寿雄(ひろせとしお)市長は「地域の細やかなニュースや、災害時の情報提供などが目的。スタジオが市民の憩いの場になってほしい」と期待を込める。

 15年9月の関東・東北豪雨では、市内でも雨音の激しさから防災無線が聞きづらいなどの事態が発生。それを受け、広瀬市長は16年12月の市議会一般質問でコミュニティーFMについて、「災害時における伝達手段としての重要性に加え、市民主体のメディアとして地域活性化に効果がある」と答弁していた。

 (問)同課0285・32・8886。