直売所が子ども食堂に野菜を提供 那須塩原 売れ残っても新鮮、無償で

 【那須塩原】三区町の農作物直売所「そすいの郷直売センター」を運営する「ふるさとにしなす産直会」(金田文男(かねだふみお)会長)はこのほど、市内で「子ども食堂」を運営するNPO法人「キッズシェルター」(森田野百合(もりたのゆり)理事長)に、売れ残った新鮮な野菜類を無償で提供する支援活動を始めた。

 金田会長によると、直売所では毎日、新鮮な野菜類が販売されている。しかし、売れ残った野菜は生産農家が持ち帰るか廃棄処分するなどしており、「もったいない現状があった」という。

 そこで市が橋渡し役となり、11月中旬から月2回の無償提供が実現。これまでは個人の農家などから野菜を譲り受けていた森田理事長は「産直会から多様な野菜を頂くことができてとても助かる」と喜ぶ。