「烏山城600年」前に、地域住民ら清掃活動

 【那須烏山】烏山城築城600年記念を来年迎えるのを前に、地域住民らが9日、城跡に続く遊歩道などの清掃活動を行った。

 城跡を訪れる観光客に快適に過ごしてもらおうと、元田町、屋敷町両自治会の住民ら約40人が協力した。

 厳しい冷え込みの中、参加者は竹ぼうきや熊手などを手に中央1丁目の八雲神社脇から延びる毘沙門山遊歩道で作業。展望台まで数百メートルの斜面にある石段などに積もった落ち葉を掃いたり、雑草を取ったりした。