食の安心安全テーマに交流 有機農業推進フェア 上三川

 【上三川】かみのかわ有機農業推進協議会(稲葉光国(いなばみつくに)代表幹事)などが主催する「第10回有機農業推進フェア」がこのほど、上三川いきいきプラザで開かれた。マルシェやシンポジウムを通じて生産者と消費者らが交流し、食の安全などをテーマに意見を交わした。

 10回の節目を記念した特別講演には町民や地元農家など約70人が参加。山田正彦(やまだまさひこ)元農水相が「種子法廃止とこれからの日本の農業について」をテーマに、同法廃止による海外企業からの影響や危険性について説明した。

 パネルディスカッションも行われ、いかに日本の農業を守り、安全・安心の農作物を確保するかなどについて意見交換した。