1960年代のフォークソングについて語る小室さん

 【那須塩原】一流のアーティストに触れ、団塊世代の充実した第二の人生につなげてもらう講座「小室等(こむろひとし)ゼミナール」(大山公民館主催)がこのほど、同公民館で開かれ、国内を代表するフォークシンガーの小室さん(74)が1960年代のフォークソングについて語った。

 講座は昨年から同館がシニア世代を対象に始めた「大山成人大学」の一環。11月までに全5回実施する。

 小室さんは1968年にフォークグループ「六文銭」を結成。現在は自身のライブのほか「六文銭’09」、映画や舞台の音楽制作などで活躍している。