パソコンを分解する子どもたち

 【鹿沼】「かぬままちゼミキッズフェスティバル」が9日、下横町のまちなか交流プラザで開かれた。市内各商店を会場として開催された「まちゼミキッズ」の番外編として企画。各商店主が講師を務め、子どもたちは工夫を凝らしたプログラムに参加した。

 会場では、整体師による骨格の構造やトレーニング方法を学ぶ教室や生花店主のハーバリウム作り体験など16のブースが並んだ。