地域の観光資源を学習 さる軍団が”出前”ショー 日光・鬼怒川小

 【日光】地域学習を推進する鬼怒川小は28日、柄倉のテーマパーク「日光さる軍団劇場」の劇団員とサルを呼んだショーを初めて開き、児童や地域住民ら約160人はが人とサルの軽快なパフォーマンスを楽しんだ。

 同校は本年度から地域資源を活用した独自の「温泉教育」など、地元の特色を学ぶ教育に力を入れている。ショーは地域の観光資源を知ることや郷土愛の醸成などを目的とし、例年11月末に開催する学習発表会の中で披露された。

 この日は劇団員とサルのコンビ「ともきりき」が登場。4メートルほど離れた台へのジャンプや高さ約2メートル30センチの竹馬に乗る大技などを繰り出し、児童や地域住民ら約160人はアクロバットなパフォーマンスに歓声を上げながら夢中になった。