発想豊かな120点 27日まで木工7人展 那須

発想豊かな120点 27日まで木工7人展 那須

 【那須】流木や自家栽培のひょうたんなどを加工した作品を展示する「木工芸作品7人展」が27日まで、高久甲のサッポロビール那須森のビール園2階のギャラリーで開かれている。

 「那須塩原地区木工芸愛好会」(鈴木康之(すずきやすゆき)代表)が昨年に続き開催し、今年は60代~80代のメンバーが個性豊かな約120点を出品。会場には、サンタクロースや雪だるまなどを模したかわいらしいひょうたんランプや、1センチほどのパンダ豆や古代米でペンギンを表現した置物など発想豊かな作品がずらりと並ぶ。

 また、約半年かけて制作した木彫りの大日如来坐像(ざぞう)や獅子頭といった大作も展示。

 午前10時~午後4時(最終日は1時)。