県南で経営していた学童保育所などで男児らにわいせつな行為をしたとして、県青少年健全育成条例違反と強制わいせつの罪に問われた元学童保育所経営者の男(29)の論告求刑公判が15日、宇都宮地裁足利支部(中畑啓輔(なかはたけいすけ)裁判官)で開かれた。