大田原マラソン前に、建設業組合がコース清掃

大田原マラソン前に、建設業組合がコース清掃

 【大田原】23日の大田原マラソン大会を前に、市建設業協同組合は21日、マラソンコースなどを清掃する「クリーンアップキャンペーン」を行った。

 市内をきれいにし、全国から訪れるランナーをお出迎えしようと毎年実施している。33社約60人が参加。5班に分かれ、国道や交通量の多い幹線道路などでごみ拾いや落ち葉掃きを行った。午前8時半から3時間ほどで2トントラック6台分のごみを収集した。