「日本人の心」花田さん語る 栃木で公開講座

 【栃木】公開講座「栃木市民大学」の開講5周年記念として、貴乃花部屋の女将(おかみ)花田景子(はなだけいこ)さんが18日、市大平文化会館で講演し、市民ら約400人が熱心に耳を傾けた。

 講座は市民に幅広く学びの機会を提供しようと、市と市教委が年11回開催している。今回は、市出身の栃木山守也(とちぎやまもりや)(1892~1959年)が1918年に横綱に昇進してから来年で100周年を迎えることから、相撲関連の講座にしようと花田さんを招いた。

 花田さんは「相撲に見る、日本人の心」と題して講演。親方が多くを語らず行動で力士たちに生きざまを伝えようとしているのに対し、花田さんは力士を言葉で支えるのが自身の役目だったことなどを語った。