子どもたちでにぎわうやな

 茂木町大瀬の那珂川に架かる「大瀬観光やな」は15日、盆休みの行楽客で大にぎわい。竹で組んだやなには終日子どもたちの歓声が響いた。

 Web写真館に別カットの写真

 清流那珂川の豊富な水が絶えず押し寄せる幅12メートル、奥行き23メートルのやなは、水着を着た子どもたちの“天国”に。時々身を躍らせて上がるアユを恐る恐るわしづかみにしては、いけすに入れていた。

 家族4人で訪れた東京都江東区永代2丁目、会社員塚本大輔(つかもとだいすけ)さん(37)は「自然を体験できていい」と満足げ。長男の翔大(しょうた)君(10)は「水の流れが速くて驚いた」と目を丸くしていた。