栃木地方最低賃金審議会(会長・太田正(おおたただし)作新学院大名誉教授)は5日、本年度の本県地域別最低賃金を1時間当たり31円(3・51%)引き上げ、913円に改定するよう、栃木労働局の藤浪竜哉(ふじなみたつや)局長に答申した。10月から適用される予定。

 今回の引き上げ額は、中央最低賃金審議会が示した目安と同額。現行方式となった2002年度以降、最大の上げ幅となる。昨年は1時間当たり28円(3・28%)引き上げ、882円に改定するよう答申しており、2年連続で3%台の上昇率となった。