職員や市民らに見送られて市役所を後にする広瀬市長

 任期満了を迎えた下野市の広瀬寿雄(ひろせとしお)市長の退任式が5日、市役所で行われた。4期16年の任期を終えた広瀬市長は職員や市議、市民ら約300人に見送られ、市役所を後にした。

 式には幹部職員ら約50人が出席。あいさつで広瀬市長は、市町合併や東日本大震災直後のオープンとなった道の駅しもつけにまつわるエピソードなどで16年間を振り返り、「キラリと光る歴史と伝統のあるまちをつくり出したことを誇りに思う。これからは新市長の若い力でまちを変えていってほしい」と話した。

 広瀬市長は、県議4期途中の2006年、市長選に立候補し初当選。4期目は無投票だった。5期目の立候補は健康面の不安などにより見送った。坂村哲也(さかむらてつや)新市長は8日に初登庁する。