JR宇都宮駅構内に臨時で設けられた新型コロナウイルスの無料検査拠点=5日午前9時20分、宇都宮市川向町

JR宇都宮駅構内で新型コロナウイルスの無料抗原検査を受ける利用者=5日午前9時、宇都宮市川向町

JR宇都宮駅構内に臨時で設けられた新型コロナウイルスの無料検査拠点=5日午前9時20分、宇都宮市川向町 JR宇都宮駅構内で新型コロナウイルスの無料抗原検査を受ける利用者=5日午前9時、宇都宮市川向町

 お盆休みを見据え新型コロナウイルスの感染拡大を防ごうと、県は5日、臨時の無料検査拠点をJR宇都宮駅東西自由通路に設置した。帰省や旅行を控えた県民らが訪れ、抗原定性検査を受けた。18日まで、午前8時〜午後6時に開設する。

 国の方針を受けて設けた。対象は無症状者のみ。希望者は自分で鼻腔(びくう)から検体を採り、10〜15分後に自身で結果を確認する。

 この日は、開始直後から希望者が次々と訪れた。スタッフが身分証などを確認し、パーテションで仕切られた席に案内していった。

 北海道へ旅行予定という下野市、会社員百武綱明(ひゃくたけつなあき)さん(65)はその場で陰性を確認。「手軽に検査できた。安心して出発できる」と話した。

 県感染症対策課の担当者は「安心して帰省や旅行に行けるよう検査を受けてほしい」と呼びかけた。

 10〜18日は、JR小山駅の中央自由通路にも無料検査拠点を設ける。