陽西保育園の取り組みに助成 生命保険協会

 【宇都宮】生命保険協会(橋本雅博(はしもとまさひろ))は13日、陽西町の陽西保育園(福田清美(ふくだきよみ)園長)に「子育てと仕事の両立支援に対する助成活動」の決定通知書を交付した。最大15万円を助成する。

 同活動は、保育所などの待機児童解消や質向上を図る取り組みに対して助成。この日は、同協会県協会の屋代一英(やしろかずひで)会長らが同園を訪れ、通知書を手渡した。福田園長は「絵本の購入に充てさせていただく」と話した。