長さ約15メートルの巨大な梵天を打ち立てる参加者

 【足利】長さ約15メートルの丸太を標高486メートルの石尊山頂上へ運び、日の出とともに打ち立てる伝統行事「石尊山の梵天(ぼんてん)祭り」が14日早朝、小俣町で開かれた。約220人が参加し、山頂は熱気に包まれた。

 同行事は県指定民俗文化財で、毎年同日に実施されている。