ジュニアボルダリングで優勝した楢崎明智(TEAM au、中央)=モスクワ、日本山岳・スポーツクライミング協会提供

楢崎明智

ジュニアボルダリングで優勝した楢崎明智(TEAM au、中央)=モスクワ、日本山岳・スポーツクライミング協会提供 楢崎明智

 スポーツクライミングのIFSC世界ユース選手権モスクワ大会は13日までに、モスクワで行われ、男子ボルダリングのジュニア(1999、2000年生まれ)で宇都宮市出身の楢崎明智(ならさきめいち)(19)=TEAM au=が同種目で初優勝した。(19面に関連記事)

 5月の日本ユース選手権を制した楢崎は、予選の全課題をクリア。準決勝は四つの課題のうち三つを完登し、2位で決勝に進んだ。

 決勝は最終第4課題を最初の試技でクリアするなど、四つの課題のうち三つの課題を完登。3完登でドイツ選手と並んだが、中間地点にあるゾーンポイントの獲得数で上回った。

 楢崎は前回インスブルック大会の男子ジュニア複合種目王者で、ボルダリングとリード種目でも2位となっていた。