3万発が夜空を彩ったうつのみや花火大会=12日午後、宇都宮市道場宿の鬼怒川河川敷

3万発が夜空を彩ったうつのみや花火大会=12日午後、宇都宮市道場宿の鬼怒川河川敷

3万発が夜空を彩ったうつのみや花火大会=12日午後、宇都宮市道場宿の鬼怒川河川敷

3万発が夜空を彩ったうつのみや花火大会=12日午後、宇都宮市道場宿の鬼怒川河川敷 3万発が夜空を彩ったうつのみや花火大会=12日午後、宇都宮市道場宿の鬼怒川河川敷 3万発が夜空を彩ったうつのみや花火大会=12日午後、宇都宮市道場宿の鬼怒川河川敷

 「2018うつのみや花火大会」(NPO法人うつのみや百年花火主催)が12日、宇都宮市道場宿町の鬼怒川河川敷で開かれ、関東最大規模となる約3万発が県都の夜空を彩った。

 2007年に市民有志のボランティアで復活した大会は、今年で12回目。前日の大雨で順延となり、この日も天候が心配されたが、何とか開催に至った。