大山地区唯一の夏祭りに「家族で気軽に参加を」と呼び掛ける実行委員長の氷見さん

盆踊りの練習に汗を流す地元の高齢者や子どもたち

大山地区唯一の夏祭りに「家族で気軽に参加を」と呼び掛ける実行委員長の氷見さん 盆踊りの練習に汗を流す地元の高齢者や子どもたち

 【那須塩原】地域住民同士のつながりの構築や子どもたちに地域愛を育んでもらおうと、18、25の両日、大山、青木両地区で相次いで新たな夏祭りが開かれる。大山地区ではこれまで催されておらず、青木地区でも約40年前まで開催されていた盆踊り以来。両地区とも新たな祭りをきっかけに地域活性化を図り、後世へとつながる地元のイベントに育てたい考えだ。