200万本が咲き誇るヒマワリ畑=13日午前11時5分、那須町大島、小型無人機から

 那須町大島の畑でヒマワリが見頃を迎え、一面を彩る黄色のじゅうたんが観光客らを楽しませている。

 県北最大の約8ヘクタールの畑に約200万本のヒマワリが咲き誇る。那須高原野菜の生産、販売を手掛ける「那須ハートフルファーム」(同町高久丙)が整備。昨年から公開を始めた。現在は満開で20日ごろまで楽しめるという。 

 お盆休みの13日は家族連れなどでにぎわい、畑を埋め尽くすヒマワリの花に歓声を上げたり、写真に収めたりしていた。東京都東大和市、会社員久保信吾(くぼしんご)さん(60)は「予想以上のスケールで驚いた。山の緑の中に咲くヒマワリに心が癒やされた」と満足そうだった。

 ヒマワリ畑は同町大島の那須どうぶつ王国から東に約3キロの県道305号から南西へ約1・5キロの地点。公開は25日ごろまで。