クラマスター授賞式でプレジデント賞を受賞して関係者と記念撮影に収まる外池社長(左から4人目)=外池酒造店提供

プレジデント賞を受賞した「燦爛 純米大吟醸 夢ささら」

クラマスター授賞式でプレジデント賞を受賞して関係者と記念撮影に収まる外池社長(左から4人目)=外池酒造店提供 プレジデント賞を受賞した「燦爛 純米大吟醸 夢ささら」

 フランスの「Kura Master(クラマスター)日本酒コンクール2022」の授賞式が6日、パリの在フランス日本国大使館大使公邸で行われた。授賞式では出品酒全体の頂点となる「プレジデント賞」が発表され、外池酒造店(益子町塙、外池茂樹(とのいけしげき)社長)の「燦爛(さんらん) 純米大吟醸 夢ささら」が選ばれた。

 6回目となった同コンクールには、5部門に計1110点が出品された。審査結果は6月に公表され、「燦爛 純米大吟醸 夢ささら」は純米大吟醸酒部門トップとなる審査員賞を受賞していた。

 プレジデント賞は5部門の各審査員賞酒から選ばれた。栃木県の出品酒がプレジデント賞を受賞するのは初めて。

 外池社長は「みんな(従業員)の努力が結実して素晴らしい賞を受賞できました。本当にありがとうございます。また、日頃からご愛飲いただいております皆さまへ深く感謝いたします」と喜びのコメントを寄せた。